HOME > リンクのページ

ハラスメント防止のしくみづくり

ハラスメントを防止するためには、次の手順により社員に働きかける必要があります。
(1)ハラスメント防止に対する会社の姿勢を宣言
ハラスメント撲滅に対する会社の方針を明確に打ち出すことからスタートします。「ハラスメントは重要な問題である」といったことや 「ハラスメントは絶対に許さない」といった姿勢を宣言することで、社内で一丸となった取り組みを進めることができます。

(2)社内規定の見直しと相談窓口体制の整備

就業規則や社内規定で「ハラスメント行為に対する懲罰」や「相談窓口体制」を定めます。ハラスメント防止を含む服務規律の見直し、 懲戒規定、ハラスメントが発生してしまったときの相談窓口やその後の流れ、再発防止に向けた取り組みなどを記載します。

(3)社内アンケート(面談)の実施

現状分析を行い、問題があればすぐに対策を考えます。通常はアンケート用紙を配布する形で実態調査を行いますが、企業規模によっては コンサルタントが一人ずつ面談を行うことでヒアリングをすることもあります。

(4)定期的な教育

日常の啓発活動が大切です。一般社員向けと管理職向けで内容を分けて行うことが多いのですが、企業規模によっては全社員が同時に研修を受ける ことも考えらえます。社内研修・勉強会を定期的に実施しましょう。

(5)再発防止のための仕組みづくり

目安箱の設置、ポスターの掲示など持続した取り組みを仕組み化して、継続した取り組みを行いましょう。 日常の業務に追われていると、ハラスメントに対する意識を忘れてしまうこともあります。再発防止に向けて、積極的に活動する仕組みが必要です。


お気軽にお問合せください。
    お問い合わせフォーム

▲ページトップに戻る